アナザーワールドプレジデント

2/2ページ
  • 2020.05.01

ちょびっと小説『アナザーワールドプレジデント』Day:5

アナザーワールドプレジデント 14日間の隔離生活 Day:5 何が起きているのかよくわからない内に隔離生活は残り10日となった。御影石や花田というおかしな人物からのコンタクトはあったがそれから連絡はない。日々私の目に映るのは大学卒業までをすごしたこの部屋の光景と窓から見える庭の景色だけ。あまりに暇なのでスマホでできるゲームをいくつかダウンロードしてやってみるが、前からやってみたかった何とかウォーク […]

  • 2020.04.30

ちょびっと小説『アナザーワールドプレジデント』Day:4

アナザーワールドプレジデント 14日間の隔離生活 Day:4 朝とも昼ともつかない10時過ぎ。隣のリビングから黒電話の呼び出し音が響いた。両親はこの日は外出していたので私は慌てて部屋のドアを開け、久しぶりに実家のリビングを目にする。少し大きめのテレビと古びたソファー、背の低いテーブルの脇には土のつまった水槽のようなものが並んでいる。父親が最近カブトムシの繁殖にはまっているらしく、今私が使っている部 […]

  • 2020.04.28

ちょびっと小説『アナザーワールドプレジデント』Day:3

アナザーワールドプレジデント 14日間の隔離生活 Day:3 「初めまして。御影石です。偽名ではありますがしばらくこのまま話を進めさせてください。」 PCの画面に映る男がそう私に語り掛けてくる。ZOOMを使うのは初めてなのだろうか。アングルが下から過ぎておかしな感じだ。おそらくスマホであろうデバイスを横にしたり縦にしたりしてなんとか調整をしようとする姿が滑稽に映る。これは私より下の人間だ、と少し気 […]

  • 2020.04.27

ちょびっと小説『アナザーワールドプレジデント』Day:2

アナザーワールドプレジデント 14日間の隔離生活 Day:2 隔離生活二日目。体温は今日も平熱。空港でのPCR検査の結果は陽性であればすぐに連絡が来て病院へ隔離されるという話だからおそらく陰性であろう。ただ機内での感染や空港での感染があった場合はその時点では反応が出ないはずなので油断はできない。妻からの心配そうなラインに体調は問題ないよ、と送るとすぐさま笑顔の子供たちの写真が送られてきた。 しかし […]

  • 2020.04.26

ちょびっと小説『アナザーワールドプレジデント』Day:1

アナザーワールドプレジデント 14日間の隔離生活 Day:1 隔離生活に入った。最初のプランでは両親は近所の姉夫婦のところに身を寄せる予定であったが義兄が医療従事者であることもあり、万が一の迷惑をかけぬよう急遽実家にて共同生活となり、私は部屋から出られない完全隔離生活を送ることとなる。食事も細心の注意を払い紙皿ですべて使い捨てにしているし、トイレも使うたびに消毒する生活のありようだ。体調はすこぶる […]

  • 2020.04.25

ちょびっと小説『アナザーワールドプレジデント』Day:0

アナザーワールドプレジデント Day:0 かの国が封鎖される直前にすり抜けるように出国して日本へ辿り着いた。辿り着いたところまではいい。コロナウィルスによる国境封鎖が続いているのは知っていたのだからその感染の有無を調べるPCR検査を受けることも国民としての当然の義務だ。権利ばかりを主張して共同体への尽力を渋るような浅はかな人間ではない。しかしこの違和感はなんなのだろう。海外生活が長いとはいえ毎年一 […]