ちょびっと小説『アナザーワールドプレジデント』Day:2

ちょびっと小説『アナザーワールドプレジデント』Day:2

アナザーワールドプレジデント

14日間の隔離生活

Day:2

隔離生活二日目。体温は今日も平熱。空港でのPCR検査の結果は陽性であればすぐに連絡が来て病院へ隔離されるという話だからおそらく陰性であろう。ただ機内での感染や空港での感染があった場合はその時点では反応が出ないはずなので油断はできない。妻からの心配そうなラインに体調は問題ないよ、と送るとすぐさま笑顔の子供たちの写真が送られてきた。

しかし昨夜のあれは何だったのだろう。日本語でも英語でもどこの言葉でもない、少なくとも私には理解の出来ない言葉だった。激しい不安に襲われた私は布団に潜り込むも明け方まで眠れず、ふと気が付いたら昼になっていた。そう、明け方から昼までたっぷり寝た。でもまだ頭の動きは鈍い。

四畳半の部屋ひとつから24時間トイレ風呂以外出られない、という生活はそれなりにハードだ。部屋で歩く場所もなく布団の上で座っているとまるで本当の病人のような気分になるので、一度気分転換にマイケルジャクソンの動画を見ながら踊ってみたが気分転換を通り越して悲しくなった。そんなストレスが私の感覚を狂わせている可能性はあるし、そもそもが何かを疑わねばならない状況ではない。感染を避けるために両親との接触自体は少ないが食事は3食用意してくれ、その時に交わす会話からも愛情を感じ取れているのだ。

…といいながらも未だぬぐい切れぬ不安。昼食で用意されたハンバーガーを頬張りながら私は昨日のメールに返事を書いた。

宛先:いしはらサト三
件名:もちろん知ってます!
メールくれて嬉しかったよ!もちろんテレビを見て知ってます!

間違えた。

宛先:ジャッキー御影石
件名:おたずね
すいません、メールを頂いたのですがあなたはどなた様でしょうか?

するとすぐに返事が届いた。

差出人:ジャッキー御影石
件名:Re:おたずね
メール見てくれたのですね。私が誰かは今は申せません。でもきっと返事をくれると思っていました。きっと心当たりがおありでしょう。できれば直接お会いしたいのですが、今は直接会うことはできません。そして私のほかにもう一人、紹介したい方がいます。明日の夜、WEB飲み会をしませんか?明日の夕方に私から招待メールを送ります。

Web飲み会の誘いがきた。今話題のやつだ。

私は人見知りなので知らない人と話すのは少し緊張するが、最近はすこぶるギャグの切れもいいのできっと大丈夫。ああ、でも髪がぼさぼさだけど大丈夫だろうか。ああ、でも私にはかわいい妻も子供もいるんだ、いけません…と返事を書きかけて寝不足は恐ろしいと思った。頭をシャキッとしなければ。

要は何かしらの情報を知っているということなのだろう。すぐに真相を聞きたい気持ちを抑えて了承のメールを送った。

外は昼過ぎから雨が降っている。かの地で降るような激しいものではなく、地面をなぞるように落ちてくるシトシトとした雨だ。ニュースサイトではコロナの感染者の増加はある程度食い止めれているらしいことが書かれる一方で、亡くなった有名人のことも書かれている。私の隔離生活は残り12日間、太陽のもとを歩き体中でそれを浴びられるのはまだ少し先だ。


・・・to be continued

文:田中トシ

アナザーワールドプレジデントカテゴリの最新記事